USHIMADO DATE

Special Page

p1000481.jpg p1000504.jpg p1000383.jpg p1000460.jpg p1000491.jpg p1000311.jpg p1000275.jpg p1000339.jpg p1000359.jpg p1000401.jpg


3rd Movie

瀬戸内市観光協会プレゼンツ
牛窓デート 2022 春 』

 “牛窓デート2022 春スペシャルビデオ” 
2022年4月28日(水)配信開始しました。

牛窓デート2022 春メイキングムービー

恒例の本編に続きメイキングも作成。牛窓デートスタッフが後ろから撮影風景を撮って編集しました。
子供たちやカップル、そして父母を演じる楽しい撮影風景、どんなふうに撮影してるか、
またまた宇宙人の不思議な力のシーン!面白い映像になってます。
撮影スポットの紹介も入っています。
キャスト、スタッフほぼ地元の普通の人?作ってます。
原作も地元人が考えてます。
ただし本編撮影は若手プロのクリエイタが撮影編集してます。
本編と合わせてお楽しみ下さい。

 

2nd Movie

瀬戸内市観光協会プレゼンツ
USHIMADO DATE 2021Summer 』

 “牛窓デート2021 Summerスペシャルビデオ” 
2021年9月25日(土)配信開始しました。現在、配信中!

牛窓デート2021Summerメイキングムービー

今回も本編に続きメイキングも作成。牛窓デートスタッフが後ろから撮影風景を撮って編集しました。
子供たちの楽しい撮影風景、どんなふうに撮影してるか、宇宙人の不思議な力のシーンはスタッフの努力?の力で面白い映像になってます。
撮影スポットの紹介も入っています。本編と合わせてお楽しみ下さい。

 

1st Movie

瀬戸内市観光協会プレゼンツ
USHIMADO DATE 2021Winter 』

 “牛窓デート2021 Winterスペシャルビデオ”  配信中。

牛窓デート2021Winterメイキングムービー

本編に続きメイキングも作成。牛窓デートスタッフが後ろから撮影風景を撮って編集しました。
楽しい撮影風景、どんなふうに撮影してるか、撮影スポットの紹介も入っています。
本編と合わせてお楽しみ下さい。

牛窓デート

潮待ち唐琴どおりで待ち合わせする二人。(牛窓デート)

牛窓デート

前島おふくろカフェでまったり。(牛窓デート)

牛窓デート

前島荒崎の夕日スポット(牛窓デート)

牛窓デート

胸キュン牛窓!(牛窓デート)

牛窓デート

前島荒崎の夕日スポット(牛窓デート)

牛窓デート

牛窓西脇ビーチグランピングベースビーチ(牛窓デート)

//

牛窓デートとは。
 
『牛窓デート』約10年イベント開催。
最初は牛窓のデートスポットを紹介したポスター作成。
その後は、牛窓港をバックに観光センターきらり館前で手作りのステージで夕日をバックに街角コンサート。
地元アーティストや仲間たちが呼んできたプロ、アマのバンドによっての夕日のコンサート。
その後は、夕日のお散歩イベント。
牛窓で撮影された短編映画やCMなどを上映して、ロケ地巡り、そしてフェリーに乗って前島の夕日の鑑賞スポットへ!
 
そして、コロナ禍の中イベントも自粛が多くなった中、
今回は牛窓のデートスポットを皆さんに見てもらうために動画プローモーションとして!
牛窓デート春バージョン
= 2022年4月28日 公開 =
 
この街を僕たちが将来盛り上げよう!
酪農業の幼馴染の男女がそれぞれの形で
頑張る「胸キュン」ストーリーです。
桜の咲く牛窓の風景が盛り上げてくれます。
 

牛窓デート夏バージョン
= 2021年9月25日 公開 =
 
あの夏の日の思い出。
恋ポストにまつわる少年少女の淡い思い出ストーリー
そして未来につながっていく「お手紙」
牛窓の子どもたちによる胸キュンストーリーです。
 

牛窓デート冬バージョン
= 2021年2月13日 公開 =
 
牛窓の若い仲間たちの協力の元、制作した牛窓の胸キュンストーリーを
ぜひご覧下さい。
牛窓デートCD 7曲入りアルバム 1,200円

(唄:marco 作詞・作曲:小林ひろし/marco)

牛窓デート,marco
牛窓デート,marco

 
瀬戸内市観光センター「きらり館」にて販売中!

marco & ushimado date crew
 
marco(マーコ)は1986年岡山市郊外にある牛乳工場のそばで生まれた。
四人兄妹の末っ子で、幼い頃からとにかくやんちゃ。池に飼っていた魚を鷲づかみにして、そのまま鳥のえさにしていた時はさすがの家族も凍りついた。そんな彼女が小学三年生の時、なぜか母親にねだって小沢健二のシングルCD「大人になれば」を買ってもらう。それをきっかけに音楽に目覚め、素行もまるくなってゆく。
初めてのステージは地元のお祭り。評判は良かったものの、一緒に出ていたアカペラグループがより大きな拍手をもらっていたことに落胆し、さらに音楽研鑽をすべくひきこもる。しばらくして彼女は再び人前で歌い始める。優しいコットンに触れているようなその歌声は伸びやかに、そして力強く聴く人のもとへ届くようになっていた。
牛窓のとあるペンションオーナーもmarcoの歌に魅せられたひとり。
ある夏、客として遊びに来ていたmarcoが夕食の後にテラスで聴かせた歌声が忘れられず、街の小さなライブイベントへ出演を依頼。 美しい夕日を眺めながら音楽を楽しむイベント「牛窓デート」で彼女が歌を披露すると、その声はたちまち聴いている人を魅了した。
その後もmarcoはイベントの度に一人バスに乗って歌いにやってきた。そんな彼女のため、地元牛窓の元ミュージシャンたちが集まり始める。土をひねり始めて一度もウッドベースを触っていなかった陶芸家、ギターが壁飾りになっていたカフェマスター、ピアノの蓋も閉まりがちだったペンションオーナー。彼らが楽器の埃を払い、marcoの歌にあわせて演奏を始めるとそこに生まれたのは、潮風の街をやさしく、時に切なく照らす陽光のようなサウンド。それは紛れもない牛窓の音だった。marcoはその音にのせて7つのデートストーリーをつくり上げる。そして、その一つ一つを大事なポートレートのように本アルバム「牛窓デート」に貼りつけていった。


Special thanks to